ゲーム

ゲーム初心者におすすめ!ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド100時間正直レビュー・感想。

発売から約3年たった今、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの正直なレビューと感想をしていこうと思います。今からブレスオブザワイルドを買うか迷っている人は、本記事をぜひ参考にしてください。

サイト主は100時間ほど遊んでみましたがまだまだ遊び足りないという気持ちがあります。それくらいやりこみ度があるゲームだということです。

           

こんな方におすすめ

  • ゼルダシリーズを遊びたい人
  • 戦闘を楽しみたい人
  • 初心者でも簡単に遊ぶゲームが欲しい人
  • ゲームで美しいグラフィックに圧倒されたい戦闘を楽しみたい人

ブレスオブザワイルド感想① ゲーム初心者でも簡単にできる説明

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像
任天堂 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ブレスオブザワイルドは慣れてくると、簡単なアクションになってきますが、操作するものやコマンドが多く、切り替えも素早くできる仕様になっている為、初めのうちは難しいです。

ですが新しい操作をするごとに、説明を簡単にシステムが教えてくれるので、ゲーム初心者の方でも「あの操作の仕方がわからない」となっても、その都度システムが教えてくれるようになっています。

ブレスオブザワイルド感想② 圧巻のムービーとボイス

ブレスオブザワイルドの特徴として、ストーリーを進めていく上でムービーが流れます。ムービーはすべてがボイス付きなのでムービーの臨場感や迫力が増します。

映像の洗練さやボイスはもちろんですが、キャラクターが喋るというのが今までのゼルダシリーズにはないものでした。

主人公のリンクはあまりしゃべらないですが、ゼルダ姫や英傑と呼ばれる仲間のボイスが今までにない新鮮さがあり聞く価値ありでおすすめです。

ブレスオブザワイルド感想③ 敵の倒し方が1つじゃない

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像
任天堂 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

剣で倒すのもあり、弓で倒すのもあり、爆弾で倒すもあり、岩で倒すもあり。何でもありの世界です。何でもありな世界だからこそ、ゲーム初心者の人にはお勧めなゲームだと思います。

自分だけの戦い方を編み出して他の人にはない戦闘をすることだってできます。へんてこな戦い方もあり、剣と盾だけを使った勇者そのものの戦い方もできます。

ブレスオブザワイルド感想④ 終わらないクエストや祠、コログ集め

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像
任天堂 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

基本的なゲームというのはラスボスを倒したら、やることがなく飽きてしまうというのが想像できますが、ブレスオブザワイルドは違います。

やりこみ要素があるので何時間やっても飽きないようになっています。特にクエストや祠と呼ばれるダンジョン、コログというキャラを見つけるかくれんぼ。

また追加コンテンツを購入すれば、新しいクエストや普段のストーリーのレベルを上げるマスターモードと呼ばれるモードも存在します。

ブレスオブザワイルド感想⑤ 広大な世界、オープンワールドの世界

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像
任天堂 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ブレスオブザワイルドの特徴である、オープンワールド。初めてプレーした時はこの広大さに驚嘆しました。

平面上にも広いですが、もちろん地下空間もありますし、アイテムを使って空を浮遊して空旅を楽しむこともできます。

でも、オープンワールドの世界って移動がほとんどワープばかりで特徴を生かしきれてないんじゃない?と思いますが、ブレスオブザワイルドは違います。

広大な土地の行く先々に何か新しい発見があります。それは祠やコログとのかくれんぼもそうですが、新たなモンスターがいたり、新しいアイテムを発見したり。

きれいな景色を見るために上った山から新しい土地に行ってみるのも面白いですよ。

ブレスオブザワイルド感想⑥ 多すぎる武器の種類

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像

上の画像を見てもらうと、攻撃力が2~6までの武器があります。これらは弱い武器なのですが弱い武器なのにもかかわらず、既に4個もあります。

ブレスオブザワイルドは全部で武器が129個あります。この武器の種類の豊富さというのも本作の魅力でもあります。

しかし、全てを持つことはできないので自分の好きな武器を選んでいく必要がありますが、どの武器を持っていこうか悩むことが出来る楽しみもあります。

ブレスオブザワイルド感想⑦ 面白いバグの豊富さ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは開発時点ではバグの数が多すぎて、開発チームは頭を悩ませていたようです。そこで、ブレスオブザワイルド専用の仕組みを作ったそうです。

初めは何度もフリーズをしていたのですが、仕組みを作ってからそれも改善をしていったそうです。この仕組みはめんどくさくないバグを無視するようなもので、それ以外を修正していったようです。

よってめんどくさくないバグが残り実際にゲーム中に生かせるバグが残りました。その中で私が一番愛用しているバグがWind Bombというものです。

これを使うことで移動が素早くなり、よりブレスオブザワイルドを楽しむことが出来るようになりました。

ブレスオブザワイルド感想⑧ 次回作への期待

ブレスオブザワイルドはすでに次回作の開発が進められていています。発売は2020年か2021年かわかりませんが同じクオリティのものが発売されるなら買うこと間違いなしです。

ブレスオブザワイルドの世界観は変わらずに新しいストーリーが追加されるだけでしょうか?開発はまだまだで公開されている部分も少ないので期待ですね。

映像を見る限りでは、リンクとゼルダ姫が協力して巨大な敵を倒す物語でしょうか?謎は深まるばかりです。

ブレスオブザワイルド感想⑨ ストーリーの進め方が一つじゃない

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像

この画像はラスボスの城の入り口なのですが、初期装備で挑んでいます。

洋服や装備が貧弱でもラスボスに挑むことが出来るのが、ブレスオブザワイルドの魅力だと思います。

このようにストーリーの進め方が1つではないので自由に冒険を進めることが出来ます。

ブレスオブザワイルド感想➉ 細かい天候システム

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの画像

ブレスオブザワイルドには細かい天候システムがあります。現実世界でもあるように、晴れや曇り、雨や雷。

晴れや曇りの時は特に冒険に問題はないのですが、雨や雷の時には問題が発生してしまいます。

特に崖を登るときに、岩が濡れて登りずらくなったり、雷が落ちてくるので、鉄の装備が出来なくなったり、雨が当たらないところでないと、焚火が出来なかったり。

プレイヤーにとっては嫌なことしか起きません。ですが、この天候がないとクリアできないイベントもあったりするのでゲームには必要な要素です。

最後に

今回は100時間プレーをしたゼルダの伝説ブレスオブザワイルドについて紹介をしました。

確実にそこら辺の変なゲームよりやりこみ度が圧倒的にあるので、何のゲームを買うか悩んでいる人はぜひ買ってみてください。

 

      

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-ゲーム

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.