バレーボール

【5月4日現在】新型コロナウイルスを受けて石川祐希は今どのような活動をしているのか

新型コロナウイルスが流行っている現在、全日本代表の石川祐希選手は何をやっているのでしょうか?

また、石川祐希選手はイタリアのプロリーグでプレーをしていますが、プロリーグは中止になってしまったのか。今石川祐希選手はどのような活動をしているのかを紹介していこうと思います。

*この記事は5月2日に執筆し集めた情報を元にしています

石川祐希選手現在の基本情報

石川祐希選手の基本情報

生年月日:1995年(平成7年)12月11日

出身地:愛知県

身長/体重:192㎝/85㎏

ポジション:アウトサイドヒッター

所属チーム:キオエネ・パドヴァ(イタリア・セリエA)

 

石川祐希選手の基本情報はこんな感じです。石川祐希選手は株式会社グッドオンユ―と契約しています。

 

大学を卒業して、日本のプロチームと契約するのではなく海外でプロ選手としてバレーボールを続けていくと決めた石川祐希選手を支援する意味でもこの回差が設立されたのかなと思います。

 

石川選手がちょうど大学を卒業すると同時に、設立をされているのでそれは確かだと思います。

イタリアの1部リーグは中止!!

石川祐希選手が活動をしているイタリアの1部リーグは、期間がもう終わっていて、4月9日に自身の公式インスタグラムでリーグ中止の報告がありました。

(石川祐希選手の公式インスタグラムより引用)

新型コロナウイルスの影響により、ここまで中断してきたリーグ戦が正式に中止となりました。

今シーズンの目標であるプレイオフ出場のためには、もう負けられない状況で、僕自身のキャリアとしても、ここからが今シーズンの自分の成長が試されるところだと考えていた中での中止決定となりました。そのチャレンジの場がなくなってしまったことや、目標を達成できなかったことは、残念でありとても悔しく、最後まで戦いたかったというのが今の気持ちです。
しかし、中止という判断は、受け入れるべき判断であり、なによりも、僕たち一人ひとりの命が一番大切です。

また、中断中はバレーボールが一切できない毎日を過ごし、バレーボールができるありがたさ、命の大切さ、チームそして社会のあり方を学ぶこともできました。

ここまで一緒にプレーしてきたチームメイト、スタッフ、そして応援していただいたファンの皆さん、サポートしてくださったスポンサーの皆さん。支えてくださった全ての方への感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

今は、日本もイタリアも、世界中の人々が困難と向き合っています。この状況が収束し、僕たちの健康で明るい毎日を取り戻すために、プロアスリートとして今できることを考えて行動していきたいと思います。

そして、少しでも早く、また皆さんの前でプレーができることを楽しみに、次のゴールに向かって準備を続けていきます。
今シーズン、本当にたくさんのご声援をありがとうございました。

石川祐希選手は今季目標の1つして掲げていた「プレーオフの出場」を叶えることが出来ないままリーグが中止されてしまいました。

 

現在は、コートで試合をすることはもちろんですが、練習をすることもできないというつらい状況になっています。

石川祐希選手の現在の行動

View this post on Instagram

. . 日本の小中高生の皆さん 今、世界中で新型コロナウイルスの感染が広がり、みなさんの生活も急に変わってしまい、大変な毎日を過ごしていると聞きました。学校がお休みになり、お友達と会う機会や、スポーツの練習、試合ができないのは、とても辛いと思います。 そこで今回、みなさんが、毎日を健康に、明るく元気に過ごせるように、そして、こんな時だからこそ「感謝の気持ち」を忘れないで欲しい、という思いを込めて、みなさんを応援する企画を考えました。 「感謝の気持ちを忘れずに。」 この言葉は僕が大切にしている言葉です。 これからみなさんの感謝の気持ちを募集します! そして、みなさんの「感謝の気持ち」を、僕のインスタグラムでつないでいきたいと思います。 一人ひとりの「感謝の気持ち」がつながって、僕たちの平穏な毎日と明るい未来、そして平和な世界が訪れることを信じて。 詳しくはウェブサイトをご覧ください。 https://www.goodonyou.tokyo/kanshanokimochi/ #kanshano_kimochi

A post shared by 石川祐希 Yuki Ishikawa (@yuki_ishikawa_official) on

石川祐希選手が現在行っている行動として、公式のインスタグラムで「感謝の気持ち」を伝える活動をしています。

 

小学生から高校生までの年代で、石川祐希選手のインスタグラムを通して周りの人に感謝を伝えるという活動をしています。

 

石川祐希選手はバレーボールを通してプレーで感謝を伝えることが出来ないから、インスタグラムを使って普段感謝できない人や子供たちに元気を与える活動をしています。

 

普段は見せるバレーボールで多くの人を元気づけていますが、バレーボールではなくても言葉を通じて石川祐希選手は多くの人に感謝の気持ちを伝えようとしています。

石川祐希選手は自宅でトレーニング

View this post on Instagram

. . いつも応援ありがとうございます。 連敗が続いていて、苦しい状況でも前を向いて戦っていきます。 今は耐える時。我慢。 最高の準備をして、次の試合に臨みます。 今以上に自分のパフォーマンスを上げて、レギュラーシーズン残りの5試合をプレーします。 もっと強くなる! 試合が延期になり、練習見学も禁止になり、ファンの皆さんに見ていただける時間も減ってしまいましたが、試合に勝って良い報告をしたいと思います。 あと1週間、良い準備します。 @pallavolopadova #descente #デサント #skins #スキンズ #vaam #ヴァーム #asics #アシックス #italia #serieA #pallavolo @legavolley

A post shared by 石川祐希 Yuki Ishikawa (@yuki_ishikawa_official) on

石川祐希選手の先輩である柳田将洋選手や同期で高校時代一緒にプレーをした、川口太一選手が海外から帰国する中、石川祐希選手はいまだに海外から帰国はしておらず、イタリアにとどまっています。

 

そんな中、石川選手は新型コロナウイルスが収束した時のために自宅でトレーニングをしているそうです。専属のトレーナーにメニューをもらって2時間ほど行っているそうです。

 

水の入ったペットボトルをもって重り代わりにして、スクワットや腕立て伏せをしたりしているそうです。

 

普段の行っているトレーニングより強度は下がってしまいますが、衰えていく筋肉を少しでも抑えるために自宅で出来ることをやっています。

石川祐希選手の現在の目標

石川祐希選手の現在の目標として、昨年の11月にインタビューで「海外でキャプテンを経験したい」と述べていたそうです。

 

これからさらに日本の中心メンバーとして活躍を期待される、石川選手は将来を見据えてキャリアを積みたいと考えているからだそうです。

 

今回のような、不測の事態も生じて改めてまだキャプテンになるには早いなと実感をしているそうです。語学力もそうですが、一般的な知識や自身をもって海外の選手たちに対して話すこともまだできないからだそうです。

 

これからの石川選手のキャプテン事情には注目をしていきたいですね。

石川祐希選手の今後

今回のような事態を受けて石川祐希選手は、ようやくバレーボール以外のことに目を向けることが出来て生きたと話しています。

 

子どもたちを応援する活動もそうですが、バレーボールでプレーをするという以外にも石川祐希選手が活躍する姿を見たいですね。

 

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.