アニメ・漫画

「宇宙よりも遠い場所(よりもい)」令和で一番泣ける名作アニメ。感想・レビュー

「宇宙よりも遠い場所 (通称:よりもい)」を見た感想とレビューをしていきます。正直なところ、13話という短いものでこれほどまでの感動作品を作れるのは、本当にすごいと思いました。

見て良かったと思える、本当に素晴らしいアニメだと感じました。ストーリーは良い、アニメーションの表現も良い、出演されている声優さんたちも豪華で、見た人を魅了する内容になっています。

また伏線や見た人たちを感想させる内容に思わず涙が出てしまうシーンがたくさんあるとことも魅力だと感じました。

宇宙よりも遠い場所(よりもい)とは

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のあらすじです。

そこは、宇宙よりも遠い場所──。

何かを始めたいと思いながら、
中々一歩を踏み出すことのできないまま
高校2年生になってしまった少女・玉木マリたまき・まりことキマリは、
とあることをきっかけに
南極を目指す少女・小淵沢報瀬こぶちざわ・しらせと出会う。
高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、
絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、
報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。

引用元 公式ホームページ:http://yorimoi.com/

簡単に言うと、4人の女子高生が南極に行く物語です。

実際には南極に行く前にも何個かの障害があり、それを乗り越えて南極探査に行くことになります。その障害を乗り越えていくストーリーも感動ものなので、必見です。

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の特徴

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の特徴として、2つの大きなテーマがあるというところです。

  1. 女子高生4人が持っているそれぞれの悩み
  2. 南極探査に行く大人たちの強い思い

女子高生が持つ悩みは、その年代特有のものであり人間関係や青春そのものだと思います。また強い気持ちで大人たちは、一大プロジェクトを成功させるべく、南極探査へと向かいます。

この2つを重ねながら描いていく物語の後半では、感動的なシーンが生まれます。伏線を回収しながら描くストーリーは、細かいところまで制作者がこだわった「圧倒的演出力」が光ります

また、この作品は文部科学省、海上自衛隊、国立極地研究所が協力して作られています。だからよりリアリティのある作品が、生まれています。

感想① 女子高生4人がそれぞれ抱える悩み

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

この女子高生4人それぞれの悩みや問題を抱えています。

  • 玉木マリ→新しいことを恐れて挑戦することが出来ない
  • 小淵沢報瀬→母が亡くなった南極に高校生の時点で行く
  • 三宅日向→高校時代の部活動で受けた傷が癒えず、人間関係で悩む
  • 白石結月→芸能活動によって、友達が一人もおらず、その存在の価値を知らない

この女子高生4人の悩みや問題は、誰もが学生時代に直面しそうなものばかりで共感しやすい。解決にも生半可な気持ちではなく、4人それぞれの想いや考え方があった。

うやむやにしていくのではなく真正面から協力して解決したからこそ、4人は南極探査という大きな旅を経て一人の人間として、成長をすることが出来た。

感想② 南極探査にかける大人たちの思い

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

女子高生4人の青春ストーリーだけでなく、大人たちの南極探査にかける強い想いも同時に描かれているこの作品。

一度、死者も出し失敗をした南極探査ですが、3年もの長い時間をかけて人員とお金を削れるだけ削り最小限にした、2回目の南極探査で観測隊の大人たちは並ではない気持ちで、挑んでいます。

失敗することはできないという気持ちもありますが、それ以上に3年前に亡くなった小淵沢貴子、報瀬の母を想っての強い気持ちが南極観測隊にはありました。

民間で行っているこの南極探査ですが大人たちの南極探査に対するドラマも見どころです。

感想③ ストーリーが進む中で回収をされていく伏線

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

女子高生4人の悩みがそれぞれあると先ほど感想①で書いたのですが、ストーリーが始めのうちは、それがあまり明らかにされていません。

何気ないシーンが後に繋がってきたり、印象的なシーンを覚えておけば、後半のストーリーで同じような場面が出てくることもあります。

同じようなシーンがあるのは、しっかりと伏線を回収させるためのものであり、見ている人が、しっかりと伏線に気づけるようなアニメーションになっているのも素晴らしいです。

感想④ 物語の山場にかかる挿入歌

挿入歌のかかるシーンや物語の山場というのは盛り上がるのはもちろんなのですが、この挿入歌のかかるタイミングがほんと完璧なんですよ。

「ここでかけてくるか、、、」と驚くこともありますし、物語の静かなシーンで挿入歌がちょうど静かになるタイミングなどもばっちりなんですよ。

時間調整と物語の展開の調整が本当に上手い!!挿入歌は全部で4曲あるのですがすべておすすめです。1番おすすめなのが「ハルカトオク」という曲です。

これからの挑戦を後押ししてくれるような曲調になっていて、元気になれるような曲になっているのでおすすめです。

感想⑤ 現実味のある南極探査

f:id:volleyballman:20180313195127j:plain

冒頭でも紹介をしましたが、宇宙よりも遠い場所(よりもい)は文部科学省、海上自衛隊、国立極地研究所が協力をして制作をした作品になっています。

なので、より現実味のある作品になっています。実際にはどこまでがリアルに描かれていているのかはわかりませんが、見る方からしたら、こんな風に南極探査に行くのかとイメージを膨らませやすくなっていると思います。

感想⑥ 泣けるストーリー

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

女子高生4人の悩みや大人たちの南極探査にかける想い、挿入歌、アニメーションすべてが、掛け合わされて生まれたこの作品ですが、泣けるシーンが多すぎる

正直、1話の報瀬の名言の所やキマリとめぐちゃんの絶交シーンでも、グッとくるものがありますが、一番の泣けるシーンは12話の報瀬が亡くなった母のノートPCを見つけ、自分が送ったメールが、次々と送られてくるシーンです。

13話すべて見る時間がないという人は12話だけでもいいので見てほしいです。さらにすべて見れば、12話の感動シーンもさらに泣けてきてしまうので見てほしいです。

感想⑦ 終わり方もすっきりとしていてほんとに神アニメ

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

アニメでよくあるのが終わり方がよくわからなくて、続きが気になってしまうアニメってありますよね。

オリジナルアニメというのもあってか、宇宙よりも遠い場所(よりもい)は終わり方が非常にすっきりしていたと感じました。

もやもやもなく、「見終わった、、、これは神アニメ決定だな」と。報瀬が髪を切って、今までにないくらいの笑顔を見せたことや、キマリとめぐっちゃんの掛け合いも最終話にふさわしいものでした。

最後に

宇宙よりも遠い場所(よりもい)の画像

今回は宇宙よりも遠い場所(よりもい)のアニメを、見た感想・レビューをしてみました。いろんな方が感想を載せていることに対しても、やはりこのアニメは神アニメだと再認識をしました。

立川にある国立極地研究所(   https://www.nipr.ac.jp/)にも行ってみたいと思っているので、その感想も載せようと思います。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-アニメ・漫画

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.