バレーボール

バレーボールで太くなってしまった太ももを細くする方法!実は○○で細くなる

「バレーボール部でトレーニングばかりしていたら、いつの間にか足が太くなってしまった」

 

「どうにかして、トレーニングをする前の細い足を取り戻したい」

 

そんな悩みのある人にぜひ読んで欲しい記事になっています。本記事では、足が太くなってしまう原因やお尻が大きくなってしまう原因から、解決方法までを紹介していこうと思います。

 

この記事をきっかけに、より魅力的な下半身をを取り戻してみてください!!

筋肉を構成する要素は2種類ある

まず、筋肉というのは2種類の筋肉に分かれていることは知っていますか?

 

瞬発力を出す赤筋というものと、持久力を出す白筋というものに分かれています。バレーボールで使う筋肉というのは、赤筋でジャンプをする際に瞬発的な力を出します。

 

対して、マラソンなどの持久力を求めている筋肉は白筋になります。足を細くしたいという人は、白筋を鍛える必要があるのです。

 

つまり、バレーボールをしている人は、この赤筋が、太ももが太くなってしまう原因になってしまっています。次の項目では、赤筋が鍛えられてしまう原因について詳しく見ていきましょう。

バレーボールをしていて太ももが太くなってしまう原因 ① 全身の筋肉を使えていない

足が太くなってしまう原因として、全身の筋肉がバランスよく使えていないということがあります。

 

プロのバレーボールをしている選手でも足がきれいな選手はいますよね?それがどんな人なのかというと、単純にバレーボールが上手い人です。

 

例えばスパイクを打つときに、足に力を入れることばかりを考えて打ってはいませんか?ふくらはぎや太ももだけに力を入れては、そこの部分にだけ負荷がかかって、足が太くなる原因になってしまいます。

バレーボールをしていて太ももが太くなってしまう原因 ② 太ももの裏の筋肉を使えていない

皆さんは、太ももの裏の筋肉を使うトレーニングはしていますか?太ももが太くなるのは、太ももの前の筋肉ばかりを使ってしまっているということもあります。

 

それも当然バレーボールは、腰を低くし前かがみでボールを待ってレシーブをします。その体勢からは、太ももの前の筋肉が鍛えられてしまいます。

 

では、どうすれば太ももの裏の筋肉を使って、太ももを細くすればいいのかというと、バレーボールではなく本の隙間時間にトレーニングをするだけで、太ももを細くすることが出来ます。

バレーボールをしていて太ももが太くなってしまう原因 ③ 食事での摂取カロリーが高すぎる

バレーボールをした後に、ご飯をたくさん食べたりしてはいませんか?運動をしてお腹が減ってしまうのは分かります。

 

ですが、バレーボールをして消費したカロリーに対して、ご飯の摂取カロリーが上回ってしまったら、太ももはもちろん体重すら減らすことはできません。

 

太ももを細くしたいのなら、消費カロリーに対して摂取カロリーを上回らないように食事をしっかりと考えることが大切です。

 

1日3食、自分で摂取カロリーと消費カロリーを計算して身体をコントロールすることが、太ももを細くするための第一歩です。では次からは太ももを細くする方法についてみていきましょう。

バレーボールをしていても太ももを細くする方法 ① バレーボールを上手にプレーする

まず日ごろのバレーボールをどうやったらうまくなるかを考えましょう。スパイクを変なフォームで跳んでいないか?レシーブで変な癖をつけて、返球していないか?

 

特にスパイクは全身で打つことで、太ももの裏の筋肉を鍛えることが出来るのでおすすめです。まずは身近なところから、筋肉の使い方を意識していきましょう。

 

うまい選手の動画を見て、真似してみるのもいいですし友達に動画を取ってもらって自分でフォームを確認してみるのでもいいです。とにかく、バレーボールを上達させることが太ももを細くする方法です。

 

1つ注意してほしいのが、レシーブの練習ばかりしないでほしいということです。太ももの前に負荷がかかりやすいのは、レシーブです。スパイクやブロックなど、バランスよく練習をしていってください。

バレーボールをしていても太ももを細くする方法 ② 太ももの裏の筋肉を鍛える

スパイク練習で太ももの裏の筋肉を鍛えることもできますが、太ももの裏でも内転筋という筋肉を鍛えると太ももが細くなります。

内転筋はどこの筋肉なのかというと、太ももの内側です。内転筋の鍛え方として、ボールを太ももの内側に挟んでそれをつぶすように内転筋に力を入れていきます。

太ももの内側がプルプルしてきたら、それは内転筋が鍛えられている証拠です。もし挟むものがなかったら、手を太ももの内側に挟んで力を入れていくやり方も効果的なのでやってみてください。

他にも、ヒップリフトという筋トレもおすすめです。これは太ももの裏側を鍛えるトレーニングですが、初心者が取り組みやすいものなのでぜひやってみてください。

バレーボールをしていても太ももを細くする方法 ③ 日々の食事を意識する

まずは自分の1日消費カロリーを確認しましょう。大体、自分の体重(㎏)×30=が消費カロリーになります。例えば、体重が50㎏の人の消費カロリーは、50×30=なので1500㎉となります。ですが、これは運動をしていない人の場合の消費カロリーになっています。

 

自分の消費カロリーに加えてどのくらい運動したかを計算して、1日の総合の消費カロリーを計算しましょう。

 

そんなのめんどくさいよという人は、とりあえず食事の内容を意識してみましょう。和食中心の食事や鶏肉やちくわなどたんぱく質が豊富な食事を意識して摂るようにしましょう。

 

ですが、カロリー計算を意識しすぎて全く食事をとらないということはやめてください。変にストレスがかかったり、日常生活で力が入らなかったりするので注意をするようにしましょう。

バレーボールをしていても太ももを細くする方法 ④ 日常の歩き方を意識する

最後の項目ですが、意外なことにこれを意識している人が結構少ないです。別にモデルのような歩き方をしなくてはいけないというわけではありません。

 

意識してほしいのは、背筋とお尻です。まずバレーボールをやっている人は、全員姿勢が悪いです。姿勢が悪いというか、基本的に前傾姿勢でプレーをするので仕方がないのですが、日常生活でもそれが続いてしまっています。

 

そうすると、足に変な力がかかって細い足になることはできません。次にお尻を意識するということですが、皆さんは普段どのように歩いていますか?多分、特に意識をしないで歩いてると思います。

 

ですが、足の付け根から足を前に出すことを意識することで、お尻に負荷がかかってきれいなお尻と細い足に近づくことが出来ます。

本当に太ももを細くしたいのなら

今回は、バレーボールをしている人が太ももを細くしたいという人に向けて、記事を書いていきました。

 

太ももを細くする方法について、4つ紹介をしましたが、実際どれも確実な効果があるとは言い切れません。

 

そこで、太ももを本当に細くしたいのであれば大事なことが2つあります。それは、目標と意識です。太ももを細くしてどんな姿になりたいのか、どうやって太ももを細くしていこうか。

 

目標と本当に太ももを細くするぞという強い意識で、やっていけば必ず太ももを細くできると思います。この記事を読んでくれた人が、理想の姿になれることを願っています。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.