バレーボール

初心者に伝えたい!バレーボールでスパイクを上手に打ちたい人にコツを伝授する

こんな悩みがある人。

バレーボールを部活で始めたんだけど、スパイクが上手く打てない。大人になって、バレーボールを始めたけれどうまくスパイクが打てなくて悔しい。

今回はバレーボールを始めたばかりという人に向けてスパイクのコツを紹介していこうと思います。バレーボールを始めた以上は、かっこいいスパイクをバシッと決めれるようになれたいと思いますよね。

バレーボールと言えば点数を決めることが出来る王道のスパイクをできるようになりたいと思うのは当然のことです。

ですが、スパイクは単に走ってジャンプをして決めれるわけではありません。では、一体どのようにしてスパイクを決めれるようになるのか。スパイクを上手にする要素を細かく分けて紹介をしていこうと思います。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ① 助走

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-90896/

まずは初めに重要なのは助走です。助走がなかったらスパイクを打つために空中に飛べませんし、強いスパイクも打つことが出来ません。より良いスパイクはこの助走でほとんどが決まるといっても過言ではありません。

スパイクを上達する助走のコツとして3歩の助走のリズムを身に付けましょう。右利きであれば右足を前に出した状態で「左・右・左」と助走していくことが大切です。

しかしただ3歩助走するだけでは、上手くスパイクに繋がらないので2歩目の右足を出したのと、同時に体を沈み込ませてジャンプすることが大切です。助走のタイミングと同時に後で説明をする、バックスイングも重要になってきます。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ② タイミング

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2639700/

次に重要なのはタイミングです。助走が上手くいってジャンプすることが出来ても、セッターが上げたボールに対してタイミングよく入ることが出来なければうまいスパイクは打つことはできません。

タイミングよくスパイクを打つコツとして、まず初めに自分の最高到達点(自分がボールに触れることが出来る一番高い場所)を理解することが大切です。

なぜ最高到達点が大切なのかというと、自分が打てないところにトスが上がってきてもそれはどう頑張ってジャンプをしても届くはずのない場所だからです。

まず、自分の打つことが出来る場所を理解したうえで、上がってきたボールに対して助走をしていきましょう。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ③ ジャンプ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%88%BB%E3%82%8A%E5%80%A4-703790/

助走でタイミングよく自分が打てる場所に移動できるようになってきたら、次はジャンプのコツを紹介します。

「人間はジャンプをするときどこを使ってジャンプをしますか」→答えは「足です」わかりきった答えですが、実はこの答えには続きがあります。足の内親指の付け根、「母指球」と呼ばれるところを使って人間はジャンプをします。

足全体でジャンプをするようにするのではなく、母指球を使ってジャンプをしてみるとさらに高く力強いジャンプをすることが出来ます。

母指球でジャンプをするようになると今までに比べてジャンプをするときの音が格段に変わるので違いをみんなで比べるのもいいですね。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ④ フォーム

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB-1375499/

助走やジャンプのコツがわかったら次は、空中でのフォームです。空中でのスパイクフォームがきれいだと、スパイクもうまく打てるようになりますし、ブロックが見えるようになってきます。

空中のフォームのコツとして、体幹を意識することです。体幹とは、体の中心にあるインナーマッスルのことです。体幹を空中で意識するということがどういうことなのかというと、空中で身体をぐらつかせないでスパイクを打つということです。

空中で身体をぐらつかせてスパイクを打ってしまうと、スパイクの威力も半減し狙った場所にスパイクを打つのが難しくなってしまいます。

体幹をつけるためには、プランクが一番基本的な体幹を鍛えることが出来るトレーニングです。床にうつぶせになった状態で、肘と腕だけで身体全体を支えるというトレーニングです。1分間を3セットを継続して行うことで徐々に効果が表れてきます。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ⑤ バックスイング

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2582096/

空中でのフォームをきれいにすることが出来たら、次はバックスイングのコツを紹介します。バックスイングのコツを知ることで、ジャンプ力がグンっと上がるようになります。

バックスイングのコツとして、しっかりと腕を後ろに振ることです。腕を後ろに振ることで後に行う腕の振り上げの時に腕を前に上げやすくなります。腕の振り上げが上手くいくことで、身体が腕に引っ張られて高いジャンプ力を生み出すことに繋がります。

バックスイングは女子と男子でやり方が変わってきます。女子であれば、肘を曲げてバックスイング。男子であれば、肘を伸ばしてバックスイングを行います。

この違いは、トスの早さに合わせるために違いが出ています。女子の方が速いトスを打ちやすいように肘を曲げてバックスイングをします。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ⑥ スイング

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-499984/

バックスイングをしたら次はスイングのコツです。スイングを上手くなることでスパイクの威力が強くなります。

バックスイングをして、腕の振り上げ、次にスイングと連動していきますが、スイングでは難しいことは何もありません。必要なのは「リラックス」をすることです。リラックスをしてボールに対して腕を振っていきましょう。

ただし1つだけポイントなのが、打つ瞬間だけ腹筋と手に力を入れるだけです。例えばあなたが重いものを持ち上げようとしているときに、持ち上げる瞬間にだけ力を一気に入れますよね。

その感覚と一緒で、ボールに手が当たる瞬間にだけ力を一気に入れてみてください。それだけで、スパイクの威力が全く違うものになっていると思います。

バレーボール初心者に知ってほしいスパイクのコツ ⑦ ミート

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E7%B4%94-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-1604584/

最後にミートのコツです。せっかくボールに合わせて飛んで腕もしっかり振って、力を入れて手を当てたのにボールが変なところに飛んで行ってしまった経験はありませんか?

私は今でもしょっちゅうあります。そこでミートのコツは、「手とボールを上手く合わせる」ということと「タイミングよくジャンプをする」ということです。手とボールを合わせるのはひたすら練習して身体に染みつけるしかありません。練習の仕方はこの後紹介をしています。

じゃあタイミングよくジャンプするって何?と疑問に思いますよね。「ここにきてまたタイミングの話かよ」と思う方それほどまでにタイミングの話は重要なのです。

タイミングよくジャンプが出来ていないと、打てるはずのボールに対して、身体が落ちながら打ってしまったり、上がりながらボールを打ってしまったりしてミートさせるのがさらに難しくなってしまうからです。

初心者でもすぐに上達する練習法 ① リングに向かって、イメージジャンプ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2258650/

次は初心者でもすぐに上達が出来る練習法です。これは私が高校1年生の時にずっとやっていた練習法なのですが、とても良い練習法だと思います。

効果としては、ジャンプ力が上がることやスパイクのイメージトレーニングが出来ることです。また、ボールがなくてもできる練習なのでおすすめできます。

そこら辺にあるバスケットゴールに向かって跳ぶだけで練習になります。この時意識してほしいのは、ただ単に跳ぶだけではなくいろいろなことを意識しながらやってほしいです。

私が意識していたのは、ジャンプをするときの母指球やボールが飛んでくるイメージをしていました。人それぞれ意識するところは別々だと思うので、ぜひ考えながらやってみると面白いと思います。

初心者でもすぐに上達する練習法 ② 壁打ち

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88-4158462/

次に紹介するのは、ミートの練習になる壁打ちです。これは、ボールを壁に対して連続で打ち続けるというものです。

ミートが上手くいかないという人は、この練習を何度もやってみるのをおすすめします。空中の状態でただでさえミートするのが難しいのに地上でミートが出来なかったらさらに空中でのスパイクは難しいですよね。

この練習が上手くいくようになったら、実践のスパイク練習をしていきましょう。ずっと地上でのミートの練習をしていても上手くはなれません。実践でスパイク練習をすることが上達への第一歩です。

最後に

今回は、初心者に向けたスパイクの打ち方のコツについて紹介をしていきました。

本記事を読んでくれた人が今よりもずっとスパイクが上手くなることが出来たのであればうれしいです。

他にももっとコツはあるのですが、情報量が多くなってしまうので今回はこの辺にしておきます。もし知りたいものがあればコメントで教えてください。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.