バレーボール

バレーボールシューズの選び方はポジションによって違う!?

「バレーボールシューズって種類が多いから、どのシューズがプレースタイルにあっているシューズなのかがわからない」

「自分に合ったバレーボールシューズを知って、購入してみたい」

という人に向けて今回は人それぞれにあったバレーボールシューズの選び方を紹介していきたいと思います。

バレーボールシューズもそれぞれに特徴があって、ハイカットやローカット、ポジションごとに正しいシューズというのがあります。本記事を読んでもらえれば、自分に合った正しいシューズの選び方がわかるようになります。

こんな方におすすめ

  • バレーボールシューズの選び方がわからない
  • 本気でバレーボールに打ち込みたいからちゃんとしたシューズを選びたい
  • バレーボールシューズのハイカットやローカットの違いが知りたい

バレーボールシューズは高いものを買え!

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-2465478/

結論をいうと、本気でバレーボールをしたいなら安いシューズを買うのではなく高いシューズを買ってください

これはなぜかというと、値段が安いシューズというのはバレーボールをする上で最低限の役割を果たしているものでしかありません。まだバレーボールを始めたばかりでもしかしたらすぐに辞めてしまうかもしれないという人は安いシューズで大丈夫です。

値段が高いシューズは高いなりの理由があるわけで、クッション性やしっかりとした素材を使っているといったように高い理由があります。

スポーツというのはまず道具であるシューズから始まります、もちろん技術や才能というのは大事ですがシューズで他の人に負けていたらスタートダッシュに出遅れているのと同じです。

バレーボールシューズの役割

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9D%B4-%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3-%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-1011596/

どの競技でも靴を履くスポーツなら専用のシューズがあります。バスケットボールならバッシュ、陸上であればスパイクといったようにバレーボールでも専用の靴が必要です。

「室内履きなら何でもいいんじゃない」と考える人もいると思いますが、スポーツには一つ一つ特性がありスポーツによって違う動きをします。なのでそれぞれのスポーツに合わせたシューズを履くのが基本です。

特にバレーボールは、何度も高いジャンプをしたり、緩急のある上下左右の細かい動きを要求されるスポーツです。なので、バレーボールのシューズはジャンプにおける足の衝撃の吸収や柔軟性を上手に保つことを重視して設計をされています。

またスパイカーは踏み込みの際、力強く踏み込めるように床に接している外側のゴムが出ていることも特徴です。他にもレシーバーはレシーブの際に反応しやすくする為に、かかとの部分とつま先の部分の高低差を大きくしています。

バレーボールシューズの選び方

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9D%B4-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-1324431/

バレーボールシューズは大きく分けて3種類のタイプに分かれています。

ローカットタイプ、ミドルカットタイプ、ハイカットタイプです。それぞれに特徴があり選手のタイプや好みに合わせて履くことが出来ます。これらをタイプ別に紹介していきます。

ローカットタイプのバレーボールシューズ

ローカットの画像
https://www.amazon.co.jp/

ローカットは比較的初心者向けのシューズや軽くて動きやすさを重視したようなものが多いです。まだバレーボールを始めたばかりでとりあえずシューズが欲しいという人は迷わずローカットのシューズを購入してください。

ローカットタイプは基本的にどのポジションの選手も履ける万能型ですが、捻挫しやすい選手やブロック専門のミドルブロッカーのポジションの選手にはあまりおすすめできないタイプです。

基本的なバレーボール選手はこのローカットのタイプのシューズを履いている人が多いです。捻挫が心配で、ローカットのシューズを履きたいという人は捻挫を防止するサポーターがあるのでそれを利用してみてください。

ミドルカットタイプのバレーボールシューズ

ミドルカットの画像
https://www.amazon.co.jp/

 

ミドルカットは、ローカットとハイカットの性能の両方を兼ね備えているものとなります。ですが、ローカットがシューズで一番良いのかというとそんなことはありません。

動きやすさも重視したいし、でも捻挫しやすくて足首も少しシューズでカバーしたいという人におすすめのシューズだということです。

特にハイカットは足首が固定されて動きが少し制限されてしまうというデメリットがあるので、ジャンプする回数も多いしたくさん動くような選手にピッタリなタイプです。

ハイカットタイプのバレーボールシューズ

ハイカットの画像
https://www.amazon.co.jp/

 

ハイカットはスパイクしか打たない選手やブロック専門の選手が履いているシューズになっています。ハイカットは足首を固定する分、かかと周りが他のシューズに比べ多いです。

その分捻挫をしにくくすることやかかとのクッションが多くなるのでジャンプをする際に強い反発を地面から受けることが出来ます。

ジャンプをたくさんする人やブロックをする人にぜひ履いてほしいシューズになっています。

ポジション別

https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA-%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E9%9D%B4-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-2590524/

次にポジション別のシューズの選び方を紹介します。

「さっきの3タイプのほかにも選び方があるの?」

と疑問に思う方もいると思いますが答えはYESです。では違いや選び方の紹介をします。

セッター・リベロにおすすめなシューズの特徴

バレーボールシューズの画像

セッターやリベロは細かい動きが他のポジションに比べて必要です。なので動きやすさを重視したシューズになります。

そこでセッターやリベロに選んでほしいシューズの特徴として、シューズの指側とかかと側がゴムで繋がっていないものを選んでほしいです。

この部分が繋がっていないことにより、柔軟な動きを出すことが出来て細かい動きをすることが出来るようになります。

上の写真では側面部が少しゴムで繋がれてしまっていますが、完全に指側とかかと側が分断されているシューズもあります。

スパイカーにおすすめなシューズの特徴

バレーボールシューズの画像

スパイカーはジャンプすることが多いポジションです。そこでスパイカーが履くシューズの特徴として、小指に近いシューズの部分が出っ張っているものを選ぶのが良いです。

ジャンプというのはかかとからつま先にかけて体重をかけますよね。そこでこの出っ張っている部分があることによって、より地面からの反発力を受けてジャンプすることが出来るからです。

ブロッカーにおすすめなシューズの特徴

バレーボールシューズの画像

ブロッカーにおすすめなシューズとしてハイカットを挙げるのですが、その中でもかかとのクッション部分が分厚いものを選ぶとよいです。

捻挫防止で足首が包まれているのももちろんですが、このクッションが分厚いことで着地時の衝撃を抑えることが出来ます。

またクッション部分が分厚いことでさらにジャンプするときのサポートをしてくれます。

 

最後に

今回は、バレーボールシューズの種類、ポジションに合わせたシューズの選び方を紹介しました。

それぞれのシューズで特徴や使い方が違ってきます。この記事を参考にして良いシューズ選びをしてみてください。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.