バレーボール

サーブレシーブが上手く返球できない。 苦手なレシーブを克服してバレーボールをもっと楽しくする方法

サーブレシーブが上手く返すことが出来ない。そんな悩みのあなた!この記事を見ることでサーブレシーブを、上手く返球することが出来ます。

具体的な考え方や練習方法を紹介していこうと思います。

こんな方に読んで欲しい

  • サーブレシーブが上手くセッターの方に返らない
  • 強いサーブを横に弾いてしまい、崩れてしまう
  • サーブキャッチの練習方法を教えてほしい

というバレーボールプレイヤーにぜひ読んで欲しい内容になっています。

サーブレシーブを上手く返すことが出来れば、セッターにストレスなくトスを上げてもらうことが出来るので、チーム全体のプレーの質が上がると思います。

記事内で紹介した練習内容も実際に私が実践をしたものになっているので、最後まで読んでみてください。

 まず初めにサーブレシーブとは

体育館の画像

サーブレシーブとはいろいろな呼び方があり、サーブキャッチやレセプションといったように人によって呼び方が違うと思います。

これに関しては、時代とか教える指導者によって違うと思います。ちなみに私の高校時代の監督は「キャッチ」という呼び方でした。

サーブレシーブを返すコツとしては二つあります。それは、、、

  1. 足を動かして素早くボールの落下地点に入る
  2. レシーブの面をセッターに向ける

この二つが出来れば、基本的にはサーブレシーブは返ると思います。ですがこの二つを上手くできないのがサーブレシーブの難しさですよね。私も高校3年になるまで、サーブレシーブ全くできませんでした。

では詳しくこの2つについて、説明していこうと思います。とりあえずは頭の中で理解をしてサーブレシーブに関するイメージをつかんでいきましょう。

サーブレシーブの基本は脚を動かすことが大切

バレーボール

サーブレシーブというのはボールの落下地点を素早く判断して移動することが一番大切です。

なぜ落下地点を判断して移動することが大切なのかというと、レシーブというのは基本的に正面で捕るものだからです。

体の横で捕る方がいいという選手もいるでしょうが、レシーブが得意でないのであれば体の横でレシーブするのは良くないです。

サーブレシーブでサーブの落下地点を素早く予測し、正面に入って返球することが非常に重要なポイントになってきます。

サーブレシーブするときの面の向き

女子バレーの試合

次に上手く落下地点に入ることが出来たら、レシーブの面の角度を意識してみましょう。

レシーブの面というのはレシーブをするとき、腕を前で組みますよね。その時にできる、三角形の形のことを指します。

サーブレシーブというのは、セッターに返す(Aパス)のが大前提です。腕の面がセッターの方に向いていないのであればそれは正しい面の向きではありません。

正面に入って面をセッターの方に向けることが大切です。また、正面に入ることが出来なくても、横で捕って面だけをセッターの方に向けて返球することが大切です。

サーブレシーブの具体的な練習方法

墨田体育館の画像

サーブレシーブの具体的な練習方法について、紹介をしていきます。

基礎練習から応用練習、実践練習へと難易度が高くなるように紹介していくのでぜひ試してみてください。

サーブレシーブの基礎練習

まずは基礎練習です。これは正面で捕ることを主な目的として練習していくので、それを意識しながら練習してみてください。

基礎練習では打ち手とレシーバー1人ずつで行う練習です。

バックスピン

打ち手はボールの下を擦るようにサーブを打ちます。バックスピン状態でサーブレシーブをします。

普段であればフローターサーブのブレ球が試合中に来ると思うんですが、バックスピンでサーブを打つことでブレを無くし正確にレシーバーが落下地点に入ります。

このときの注意点として、レシーバーは正確に落下地点に入ることは当然なのですが、レシーブした直後、後ろ体重にならないようにしてください。

後ろ体重になってはいけない理由として、後ろ体重の状態でレシーブをすると腕を振ってしまったり、すぐにスパイクに参加できないなど良くない問題がたくさん起きてしまいます。

なるべく体重は真下か少し前傾姿勢になるくらいで十分です。

股下キャッチ

バックスピンの応用編です。バックスピンでは少し落下地点を間違えても面の角度や腕の振りで、調整をすることが出来たかもしれませんが、股下キャッチは違います。

いつものレシーブの構えから腕を太ももの後ろから入れて、体の真下でバックスピンのボールを取るようにしてください。

この練習の難しさとして、落下地点を完璧に予測して取ることが出来なければ失敗してしまうということです。

股下から手を出している為、ボールを取ることが出来る範囲が狭まります。ですがこの練習を完璧にマスターすれば、落下地点の予測は誰よりもうまくなっていると思います。

サーブレシーブの応用練習

スコアボードの画像

応用練習は普通のフローターサーブを取る練習です。この普通のサーブをきちんと返球することが出来なければ、試合でもきちんと返すことは難しいと思います。

ですがこの練習でフローターサーブを返せれば、試合でも必ず実力を発揮できると思います。

普通のサーブレシーブ

まずは普通のフローターサーブです。単純なごく普通のフローターサーブを打ってもらいましょう。

大事なのはひたすら数をこなすことだと、私は考えています。量より質というのをよく耳にしますが、バレーボールにおいては練習あるのみです。

ですが何も考えずにひたすらサーブレシーブをするのではなく、上手くいったレシーブ、逆に上手くいかなかったときのレシーブを一本ずつ丁寧に確認をしながら行うようにしてください。

また、自分で面の形や落下地点を考えるのも大切ですが、サーブを打ってもらった人に、どこが変になっているかなども客観的にみることが出来て良いと思います。

台上からのサーブレシーブ

次にフローターサーブの応用として、台上からフローターサーブを打ってもらう練習です。これは高い打点からの、ジャンプフローターサーブを受ける練習になります。

平面からのフローターサーブより、ジャンプフローターサーブのほうがブレやすく取りずらくなっているので、この練習をします。

場所によっては大きい台がない場合もあるので、その時はジャンプフローターサーブを打ってもらうようにしてください。

この時意識することとして、基本的にはフローターサーブと一緒ですが、ボールがブレやすくなってしまっているので、腕を振って上手くレシーブできなくなる人がいます。

なのでしっかりと落下地点に入り、腕を極力振らずにレシーブすることが大切になってきます。

サーブレシーブの実践練習

シューズの画像

最後に実戦練習の紹介をします。実践練習は最低でも3人必要な練習になってくるので、チームで人数を集めて行うようにしましょう。

チーム全員でのサーブレシーブ

サーブレシーブは基本的に5人、または3人で行うものだと思います。なのでコートにいつも試合で入っているメンバー全員が入って、サーブレシーブを行います。

この時大切なのが、レシーブをしっかりとセッターのほうに返すことも大切ですが、コートのどこを誰がどのくらいの範囲で捕るのかという確認の練習でもあります。

試合中に同じところを狙われ続けて、サーブレシーブで負けてしまったという試合はありませんでしたか?その時試合中にサーブレシーブの陣形を考える時間というのは、ないと思います。

練習中にそれを行うことで、試合で慌てるリスクを減らすことが出来ます。さらに応用としてセッターも入って、サーブレシーブからの攻撃やコンビ練習までできると素晴らしい練習になると思います。

上手くなるためのバレーボールの考え方

砂浜でのバレーボール

これは完全に私の考えなので、一概に正しいものであるとは考えられません。ですが中学の頃弱小のチームで高校では全国に出場をして、レギュラーになることもできました。その時に考えていたものを紹介します。

正直言ってバレーボールは、才能のスポーツだとは考えていません。集団スポーツでありながら、1人の選手は1ラリーでほんの0.何秒かしか、ボールに触れることしかできません。なので一人一人の技術が必要になってきます。

今まで全国の上位に行った選手を何人も見てきましたが、誰一人として練習を欠かせていませんでした。むしろ上位に行く選手ほど、練習を数多くこなしていました。

つまバレーボールというスポーツは、練習が非常に大切だということです。人間というのは最初からうまいはずがありません。

上手な選手は必ずどこかで努力をしています。練習が始まる前の隙間時間。練習の合間の休み時間に練習。

全体練習が終わった後の自主練習、すべての時間を使ってもまだまだ足りないかもしれません。それくらいバレーボールというのは練習をしないと、上手くならないスポーツです。

この記事を読んでくれている人たちは、ぜひ練習をたくさんして上手なバレーボールプレイヤーになってもらいたいです。

最後に

今回はバレーボールのサーブレシーブの練習方法や考え方について紹介をしました。記事内でも書いたようにバレーボールの上達する一番の近道は練習あるのみです。

この記事を読んでくれた人がより楽しくバレーボールをできることを願っています。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.