バレーボール

バレーボール用語のレセプションとは?起源や専門用語が使われる理由について紹介!!

「バレーボールでよく聞く言葉、レセプションって何なの?」

 

「レセプションという言葉が全く分からないので詳しく、説明をしてほしい」

 

大人の世代の人は、”レセプション”という言葉に違和感を感じると思います。実際にバレーボールでは、レシーブやアタック、ブロック、サーブといったような言葉だけを使うのかと思っていましたよね?

 

最近では、戦術も増えバレーの用語も増えてきました。そこで今回は、バレーボールの専門用語、”レセプション”とは何なのか。この用語について詳しく紹介をしていきます。

バレーボール用語のレセプションとは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2639700/

バレーボールの専門用語のレセプションとは、相手からのサーブをレシーブすることをレセプションと言います

 

他に言い方だと、サーブキャッチやサーブカット、サーブレシーブなどと呼ばれることがあります。呼び方は全て違いますが、意味は同じです。

 

相手がサーブを打ち、そのボールを受けてレシーブすることでレセプションをしたということになります。

 

バレーボールにおいてレシーブというのは、2種類に分けることが出来て、相手からのサーブをレシーブするレセプション( reception )と相手からのスパイクをレシーブすることをディグ( dig )と言います。

レセプションを英語で訳すと?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-90896/

レセプションを英語で訳すと、歓迎会や招待会、受付などと訳します。

 

この意味からレセプションというのは受けるという意味合いが強く、バレー用語に使われているのだと分かります。

 

一方で、相手のスパイクをレシーブするディグを英語で訳すと、掘るといった意味になります。

 

これは、相手からの強いスパイクをレシーブするときに地面を掘るような動作になることから、ディグといったバレー用語になりました。

バレーボール用語のレセプションアタックとは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81-%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-4253154/

ではバレーボールの専門用語、レセプションアタックとはどういう意味なのかというと、レセプションをした直後に攻撃をする行為をレセプションアタックと言います。

また、相手からのスパイクをディグして、攻撃し返すことをトランジションアタックと言います。

このように考えると、同じレシーブ、同じ攻撃なのにもかかわらず用語分けをしているのがわかりますね。

用語の整理

レセプション→相手からのサーブを受けレシーブすること。

ディグ→相手からのスパイクを受けレシーブすること。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

レセプションアタック→レセプションをした直後に攻撃をすること。

トランジションアタック→ディグをして攻撃を相手にし返すこと。

レセプションという言葉はバレー界でいつから使われていたの?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-1561544/

レセプションという言葉は、海外では昔から使われていた言葉です。日本にはもともとサーブレシーブという言葉があったので使われていませんでした。

 

ですが、海外で使われている言葉ということで、解説者やバレーを中継している人が参考にしていって日本でも使うようになりました。

 

実際に、日本で使われるのは2004年のアテネオリンピック頃で聞くような専門用語になりました。

 

テレビでの全日本の中継や春の高校バレーでの放送で徐々に、レセプションという言葉がバレーボールプレイヤーに浸透していったようです。

何でバレーボールでレセプションのような専門用語が増えたの?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-520093/

ではなぜ、今更レセプションという言葉が日本で使われるようになったのかという疑問が浮かんでくると思います。

レセプションが使われるようになった原因

  • 外国人の監督が日本で指揮をするようになったから
  • 海外の戦術を真似するようになったから
  • 練習を細かく分けるようになったから

上記の3つがレセプションを使うようになった原因になります。日本のバレーボールは今(2019年10月15日現在)でこそ、世界ランキングが上位にいますが、昔はもっと下のランキングでした。

 

海外の監督や練習方法を取り入れることで、バレー界全体がレベルアップをして新しい用語が増えていっているのだと思います。

 

また、レセプションとディグといったように、レシーブでも細かく分けることで練習においても、目的が変わってきます。

 

レシーブの中でもレセプションが駄目なのか、ディグが駄目なのかをはっきりすることでより高いレベルでプレーが出来るということです。

バレーボールにおいてレセプションという言葉は「当たり前」なの?

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-%E5%AF%A9%E5%88%A4%E5%93%A1-1034436/

これは私個人の見解ですが、中学からバレーボールを始めて大学に至るまでレセプションという言葉は「当たり前だけど、そこまで強調して使わないかな」という印象です。

 

実際に昔からサーブレシーブという言葉があったように、サーブレシーブ=レセプションという認識でやっています。

 

指導者が使う言葉によって、自身が使う言葉というものは変化していきます。中学時代ではサーブレシーブでしたが、高校ではサーブキャッチという言葉を使っていました。

 

なので、レセプションと言われれば、「あ、サーブレシーブね」といったように理解が出来るので、自分が好きな言葉を使うようにしています。

バレーボールの専門用語を覚えるには

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%88%BB%E3%82%8A%E5%80%A4-703790/

バレーボールの専門用語を覚えたいという人は、漫画やアニメなどで楽しみながら覚えるのが一番覚えやすいと思います。

 

バレーボールの公式ルールを見て暗記をするより、より楽しくバレーを好きになることが出来ます。

 

レセプションの疑問まとめ

今回は、バレーボールの専門用語であるレセプションという言葉について紹介をしていきました。

 

解説などでは積極的に使われていく専門用語ですが、実際の試合の中では、必ずしも使われている言葉ではありません。

 

まだまだ聞き慣れない言葉ではあると思いますが、少しづつ慣れていってみてください。

 

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.