バレーボール

家で出来るバレーボールの練習方法を紹介!1人でも出来る努力をしよう

「コロナウイルスのせいで体育館で練習が出来ない」

「家でにいて1人でできるバレーボールの練習方法ってないの?」

そんな人のために本記事では、家で出来る練習方法を紹介します。全国大会に出場をしたこともある私が実際にやっていった練習方法でもあります。

男子でも女子でも出来るトレーニングを紹介しています。ぜひ、1つだけでもいいので実践して家でやってみてください。

こんな方にやってほしい

  • 家でバレーボールの練習をしたい
  • みんなに隠れて上手くなりたい
  • もっとバレーボールの技術上達をしたい

1人で出来るバレーボール練習 ① タオルを使ったスパイク練習

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB-%E9%9D%92-%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%BA-%E7%81%B0%E8%89%B2-4556644/

まず初めに紹介をするのは、タオルを使ったスパイクの練習です。バスタオルより小さめの長方形のタオルを使います。

やり方はタオルを手に持った状態で行い、スパイクと同じような腕の振りをします。スパイクを打つ方の手と逆側の脚を前に出して、タオルを持った状態で腕を振っていきます。

バックスイングをして手を振り上げ、振り下ろすところまで一連の動作を行うようにしましょう。

この練習で意識すること

  • 素早く腕の振る
  • 手にボールが当たるタイミングの所で手を止める

1個づつ説明をしていきます。

素早く腕を振る

素早く腕を振るということを意識することで、実践で腕を振るときに、腕が軽くなったように感じます。

実際、タオルを持って腕の振りをしていくとタオルの重みと空気抵抗があるので、腕の振りが遅くなってしまいますが、意識することで本番で腕が振りやすくなって、スパイク動作が速くなると思います。

腕の振りを速くすることで、早いトスや素早いスパイクが出来るようになります。素早く腕を後ろに引いてバックスイングをして、素早く腕を振り上げることをやってみてください。

手にボールが当たるタイミングの所で手を止める

少し難しいと思うのですが、手にボールが当たる位置(利き手を斜め前に伸ばした位置)があると思いますが、そこで手を急に止めてください。

この時、出来てほしいのがタオルの音を鳴らすことです。急にタオルを止めることで、タオル同士が当たって「パンっ」という音が鳴るようになります。

初めのうちは難しいと思いますが、慣れてくると出来るようになってくるので挑戦してみてください。一気に腕を止めることで肩のトレーニングになります。

また、音を鳴らすこともスパイクのミートの良さにも影響してきます。素早く腕を振り下ろし、タオルの音が鳴るように練習してみてください。

1人で出来るバレーボール練習② 軟式テニスボールを使ったスパイク練習

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9-%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9-597505/

軟式のテニスボールがないという人はハンカチや小さめのタオルを丸めたものでも代用できます。これらを疑似バレーボールと私は呼んでいます。

「スパイクのミートが上手くいかないよー」

と悩んでいるバレーボールプレイヤーはたくさんいると思います。実際に私も、スパイクがきちんと手にあたるようになったのはバレーボールを始めて4年目でした。

どのようにして手に当たるようになったのかというと、疑似ボールを使って家でひたすら練習をしていました。

この練習で意識をすること

  • 自分のスパイクをする位置で疑似ボールを捕る
  • 音が鳴るくらい強く捕る
  • 素早く疑似ボールを捕る

練習方法として、この疑似ボールを投げては捕り。投げては捕りを疲れるまでひたすら繰り返します。この時注意してほしいのが全力でボールを捕りに行くということです。

ゆっくり取りに行っては練習になりませんし、本当のスパイク練習だと思って取り組んでみてください。本番でゆっくりスパイクを打ちに行くなんてことはないですよね?

初めはこの疑似ボールを捕るのすら難しいですが、慣れてくると、きちんと捕れるようになってきます。いい音で捕らえられるようになったら実践でもミートがかかりやすくなるようになります。

1人で出来るバレーボール練習③ バレーボールを使ったレシーブ練習

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-2639700/

次の練習方法はバレーボールを使います。バレーボールが家にないよっていう人も、練習の合間にサッと簡単にできる練習方法なのでやってみてください。

基本的にバレーボールというのは両手でレシーブするものですよね。ですが、片手でボールを返す場面だってありますよね。具体的な練習方法はというと、片手でボールを上げ続ける練習です。

手をグーにして手首の近くでボールを上げ続けるようにしてください。この練習は、片手でボールをコントロールするという練習でもありますが、それと同時にボールと仲良くなろうという練習でもあります。

「キャプテン翼」の主人公、大空翼も言っていますよね「ボールは友達」と。この練習が出来るようになると、試合中片手で返すことだってできるようになりますし、自分のプレーの幅が広がるようになります。

最後に

今回は家でも1人で出来るバレーボールの練習方法について紹介をしました。他にも上半身や下半身、体幹、柔軟など家で1人で出来るトレーニングはたくさんあります。

バレーボールを本当に上手になりたいなら、体育館以外の練習でもしっかりとトレーニングなどをしていきましょう。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.