バレーボール

【全国出場経験有】ヘタクソが春高バレーに出るまでにやった上達方法

本記事は、ヘタクソなバレーボールプレイヤーが春高バレーにエースとして出場するまでやった上達法について紹介をしていきます。

 

技術的な部分より、考え方や行動の仕方について紹介をしているので、明日から実践することが出来るものになっています。

 

こんな人に絶対見てほしい

  • バレーボールがヘタクソだけど上達したい
  • 何としても、レギュラーになりたい
  • 監督やコーチから怒られずに済むくらい上手くなりたい
  • 公式試合で絶対に負けたくないチームがいる

 

そんな思いを持った人にぜひ読んで欲しい記事になっています。全国大会に出たこともある私が実践をしていた内容でもあるので、最後まで見てみる価値ありです!!

"継続は力なり" ひたすら練習することが上達への1歩

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BE%92%E6%AD%A9-%E3%83%91%E3%82%B9-%E8%B6%B3-%E6%AD%A9%E9%81%93-%E9%9D%B4-2635038/

「いきなり根性論かよ」とうんざりしてしまう人もいるかもしれませんが、スポーツの世界において練習をたくさんしている人こそが上達をすることが出来ます。

 

ですが、一番大切なのは練習を継続させることです。私は、レシーブが下手でスパイカーなのにも関わらず、リベロと交代をさせられていました。

 

そんな中、ずっとコートに立っていたいという気持ちから、レシーブの練習をひたすら毎日しました。練習前に後輩に強い球を打ってもらい、練習間の30秒を使って、3球だけレシーブをする。

 

とりあえず、自分と体育館の時間が許す限り、レシーブの練習をしました。チーム全体で行うレシーブ練習以外で自主的に練習をすることが大切です。

意識してほしいポイント

  • 毎日、コツコツと時間が許す限り練習をする
  • 皆でやる練習で技術を磨くのではなく、自主練習で黙々と考えながら練習をする
  • 継続して、自分の磨きたい練習をする

バレーボールが上手な人に教えてもらう

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%95%E6%97%A5-%E6%81%8B%E4%BA%BA-%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E4%BB%B2%E8%89%AF%E3%81%97-2826779/

どんな物事でもそうですが、上手な人に教えてもらうのが1番素早く上達をすることが出来ます。

 

学校の勉強で例えると、自分1人で勉強をするより、クラスで1位を取っている人と一緒に勉強をした方がわからないところをすぐに教えてもらうことが出来ます。

 

バレーボールもこれと一緒です。チーム内の一番上手い人、監督やコーチに教えてもらうことが上達の近道です。

 

恥ずかしいから聞けないということはやってはいけません。その羞恥心を乗り越えなければ、上達が遅くなってしまいます。勇気を出して自分のダメな所、改善したら上手くなる所。気になる点を聞いてみましょう。

意識してほしいポイント

  • 勇気を出して、自分の上達できる点を教えてもらう
  • 自分のどこを上達させたいのかを具体的に聞けると、よりGood👍
  • 上手い人の考えだけでなく、後輩のアドバイスも聞いてみる。新しい視点が生まれるよ

とにかくチーム内の仲間や練習試合の相手と話す

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E5%8F%8B%E9%81%94%E3%81%A8-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E5%A4%96-%E5%86%AC-%E5%86%B7-1209740/

バレーボールを上達させるためにも、練習は必要ですが、それと同時に会話も大切になってきます。会話が必要な理由として、バレーボールの知識を蓄えることが目的と考えています。

 

色々な人と話すことで、バレーボールの知識が広まり、自分の考えにはなかった練習法や体の動かし方を知ることが出来ます。ヘタクソな選手というのは技術的にもヘタクソだし、考えや知識もないというのが普通です。

 

私が実践していたのは、練習試合で対戦をする相手チームの選手と仲良くなり、バレーボールの会話をすることです。この会話も難しい戦術の話とかではなく、試合内容をお互いで振り返るだけです。

 

この何気ない会話でも相手の考えを知ることが出来て、その会話から自分に生かすことはできないかと考えていました。

意識をしてほしいポイント

  • チームメイトや相手選手と何気ない会話をする
  • 会話の中から知識を蓄えて、自分の動きに取り入れる

人の動きを観察する

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0-958474/

自分が上手くないのは当たり前だと思いますが、周りに自分よりうまい人というのは必ずいるはずです。

 

もし周りにいなかったとしても、テレビに出ているあの有名な選手や大学生のプレーでもいいと思います。

 

何より大切なのは、上手くいっている人のプレーを見て真似することです。あの人はこんな動きをしてスパイクを打っているのか、とか、こんな動きでレシーブしているんだなと見るのが大切です。

 

真似をして自分の動きに重ねるようにして、プレーをしてみてください。そのままの動きは再現できないかもしれませんが、似たような動きになってプレーが上手くいくようになります。

意識してほしいポイント

  • 上手い選手をひたすら見る
  • 真似をして自分んプレーと重ねる
  • プレーだけでなく、普段のアップや行動の仕方も真似をするとさらに良い!

最後に

今回はヘタクソなバレーボールプレイヤーが春高バレーにエースとして出るためにやった上達方法を紹介していきました。

 

ほとんどが、バレーボールの技術ではなく考え方の部分が多いです。日頃の意識が上手くなるための近道だと思うので、これを読んだ人はぜひ意識を変えて練習をしてみてください。

  • この記事を書いた人

ファラオ

3年連続全国大会に出場経験のある大学生が、バレーボールについて色々なことを書いているブログです。

-バレーボール

Copyright© ファラオのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.